旅行は人間の性格がはっきり出る

旅行での交通費や宿泊費を抑えるためにしている事 一人旅が好きな人と、わいわい大勢で旅をするのが好きな人では、旅行の印象はまったく違います。バイクで日本一周などをする若い人たちの心理は、わずらわしい日常を離れ、のびのびと自由な時間を過ごすことにあります。一方、団体で行きたい人は飲み会など日常生活の延長を旅先で行うことで、より仕事仲間や友人同士の絆を深めたいと感じるでしょう。どちらも遠くへ行く事実に変わりはありませんが、目的はまったく異なるわけです。

宿の取り方も一人と団体では異なり、一人の場合は極端なことを言えば車中泊や寝袋もありえます。団体の場合はホテルが基本で、シングルから二人部屋、三人部屋が一般的です。旅行は寝る場所、食事をする場所、移動手段があって初めて成り立つイベントであり、その根本は遠くに行きたいと考える人の気持ちです。どれくらいの期間旅をしたいかは人によって感じ方が異なるため、長い人で半年ほど海外に行くなどのケースもありえるでしょう。

長く旅をするためには、それに応じた資金が必要です。長期になればなるほど滞在費もかかるため、宿代などはまっさきに計算する必要が出てきます。食費、交通費なども一日分を出しておくと、最終的にどれだけお金が必要かわかり、計画も立てやすくなります。